婦人

1年を通して利用できる食材|貧血改善には鉄分を多く含む食材を摂取

このエントリーをはてなブックマークに追加

花粉症予防に

妊婦

花粉症に悩む方は少なくないでしょう。花粉のアレルゲンを持つ方は、季節によってアレルギー反応を起こします。特に有名なのが杉や檜です。目のかゆみやくしゃみ、喉の腫れなど様々な症状に悩まされている事でしょう。そのような症状に有効と言われているのが乳酸菌です。クレモリスFC株という乳酸菌が花粉症の症状に効果があるとされています。1型ヘルパーT細胞を増やすことがアレルギー症状の抑制に役立つからです。このクレモリスFC株が1型ヘルパーT細胞の働きを強める事で、2型ヘルパーT細胞の働きを弱める効果が期待できます。花粉症は善玉菌の働きを利用して症状を改善したり、予防することが大切なのです。善玉菌によって、体質改善を図ることで免疫機能の正常化を促します。免疫機能が正常化するとアレルギー症状を抑制することができるでしょう。一般的に体質改善には乳酸菌が良いと言われていますが、その種類は200種類以上と多いのです。どの菌が体質改善に良いのかしっかりと理解しておく必要があるでしょう。また、体質改善をすることができれば、花粉症予防以外にも新陳代謝を高める効果や腸内環境を改善し免疫力を向上させる効果も期待できるのです。そして上記でも紹介したクレモリスFC株を積極的に摂取する事が花粉症予防には大切でしょう。この菌は乳製品に含まれている菌で、生きた状態で大腸まで届くことが証明されているのです。腸内環境を整え、悪玉菌を減少させることでアレルギー症状を改善することができると言われています。花粉症に悩まされている方は乳酸菌を利用してみましょう。